男の抜け毛の治し方!悲惨なハゲ頭になる前にしっかり対策!

今回の悩みテーマ

最近抜け毛が増えてきた気がします。
起きた時に枕に抜け毛が落ちているし、シャンプーでももの凄く抜けます。
このままハゲてしまうのでしょうか?

男にとって「ハゲるかもしれない」というのは計り知れない恐怖がありますよね。

  • 女性にモテなくなる
  • 友人にいじられる
  • 赤の他人にクスクス笑われる
  • 「このハゲーー!!」と罵られる

こんなことになったら「もう、生きていけない…」と考える人も多いでしょう。

特にこれまでイケメン扱いされてた人にとっては、天国から地獄。

これまで通りキザな台詞を女性に言っても、(でもハゲてるやん!)と心でツッコまれるようになるでしょう。

ダメージでかすぎですね。

抜け毛はそんなへゲへの分かりやすい予兆です。

なるべく早く抜け毛を食い止め、ダメージを最小限にしておきたいですね。

つるっ禿欧米人さんの答え

抜け毛が気になる?ハゲたくない!?
オー!ジャパニーズ!冗談は顔だけにしてくれよ。

フランスではハゲってエロさの象徴でモテるんだぜ!

抜け毛が増えたら自分で剃ってツルツルにしてやればいいのさ。
そうすればホラ、頭が何だか卑猥な形に見えてくるだろ?

実際に海外ではハゲに対してそこまで偏見がない国もあります。

しかし、ハゲる前の男性が恐怖を感じているのはどこの国も一緒のようです。

どんな抜け毛が危険なのか?

抜け毛が多い、と言っても「多い」基準には個人差があります。

中にはハゲるのを恐れるあまり、そこまで抜けていないのに必要以上に心配している人も。

そこで、まずここではセーフな抜け毛、アウトな抜け毛をはっきりさせておこうと思います。

アウトな本数は人によりけり

抜け毛で気になるのは抜ける本数ではないでしょうか。

何本以上抜けたらアウトなのか気になりますよね?

…が、これには個人差があります。

実は普通の状態であっても、人それぞれ抜ける量には違いがあるんです。

その範囲は結構大きくて、1日50本抜ける人もいれば、100本抜けても問題ない人もいます。

肝心なのは、通常時と現在の抜け毛の差。

抜け毛がヤバイ状態っていうのは、通常時よりも2~3倍以上抜け毛の本数が増えます。

例えば通常50本抜けているが150本毎日抜けるようになったらかなり危険信号かもしれませんね。

ただ、抜け毛を気にするようになるのって、ヤバイかな?と気づいてからで、なかなか健康な時に抜け毛を数えてる人っていないと思います。

そこで一般論としてして言えば、通常の男性の抜け毛は50~100本と言われているので、1日300本以上抜けている場合は、「かなりヤバイ可能性が高い」と言えるかもしれません。

ちなみに最もシャンプー時が髪が抜けやすいタイミングと言われていて、シャンプーの時は1日の50~70%が抜けるようです。

つまり、シャンプーの時に150本以上抜け続ければ、かなり危険ゾーンと言えますね。

髪の状態をチェック

上で書いた抜ける本数はあくまで目安。

もう一つの判断基準として、抜けた髪の毛の状態にも着目してみてください。

チェックする点は3つ。

  • 髪の毛がこれまでよりも細くなっていないか?
  • 髪の先端が細くなっていないか?
  • 髪の毛根が黒くなっていないか?

自分の抜け毛を何本か見てみて上の全てに当てはまるようなら、残念ながらアウトな抜け毛です。

これらは何らかの理由で、髪の成長が途中で止まっている証拠になります。

頑張って抜け毛対策をしてみてください。

抜け毛を減らすためにすること

アウトな抜け毛だった方は、そのまま放置するとハゲ一直線です。

ハゲたくなければ抜け毛の原因を治し、少しでも長く髪の毛を繋ぎ止める必要があります。

ここからはそんな抜け毛対策を書いていくので、ぜひとも参考にしてみてください。

食事を見直す

髪の毛の成長が途中で止まっている原因の1つとして、髪の栄養不足が考えられます。

髪が栄養不足になる原因は2つ。

  1. 髪に栄養のある食事ができていない
  2. 髪に栄養が届いていない(血行が悪い)

食事は1と2どちらにも関係し、髪を作る食べ物と血行の良くなる食べ物を積極的に食べていく必要があります。

髪を作る食べ物

タンパク質(アミノ酸)…髪の毛の原料になります
→卵、大豆食品、肉・魚全般

亜鉛…髪を生成する時に必要になります
→牡蠣、チーズ、うなぎ、ゴマなど

ビタミンB2…頭皮の皮脂を抑え、頭皮環境を良くします
→レバー(鶏・豚・牛)、海苔、納豆、牛乳など

ビタミンB6…髪の毛の生成を促す
→にんにく、まぐろ、とうがらし、酒粕など

血行が良くなる食べ物

ビタミンC…コラーゲンを生成し頭皮の毛細血管を強くする
→柑橘類、赤ピーマン、パセリ、アセロラなど

ビタミンE…血管を広げて血液の流れを良くする
→アーモンドなどのナッツ類、植物油など

ビタミンA…頭皮の新陳代謝を活発にし、皮脂の過剰分泌を防ぐ
→鶏レバー、マーガリン、にんじんなどの緑黄色野菜など

その他、玉ねぎ、とうがらし、ショウガなども血行促進に効果的と言われています。

抜け毛を増やす食事もある

ここまでは頭皮や髪に欠かせない食事を紹介しましたが、逆に頭皮に悪いものもあります。

  • たばこ、アルコール…血行を悪くする
  • 糖質…頭皮が固くなる
  • 脂質…皮脂が多くなる

要するにたばこ、お酒好きな人、甘い物が好きな人、インスタント食品ばかり食べている人は要注意ってことです。

上で挙げた栄養素を計算しながら食べるというのは敷居が高くても、まずはちゃんと栄養のある食べ物をバランスよく食べるように心がけてみてください。

睡眠を見直す

睡眠時には、髪の成長を促す「成長ホルモン」という物質が分泌されます。

これが少ないと髪が弱弱しく未熟なままで育ってしまい、抜け毛の原因になることも。

ただ、成長ホルモンは寝ていれば分泌されるというものでもない、というのもポイントで、睡眠が質の良い睡眠でなければ沢山分泌されない、という条件もあります。

質の良い睡眠とは、言い換えれば熟睡してスッキリと疲れが取れるような睡眠のこと。

もし、毎日朝起きた時に「ダルいわ~…」って思うような人は睡眠の質が低いかもしれません。

お金をかけずに睡眠の質を上げる方法は3つあります。

  • 寝る前の30分~1時間前にはテレビやスマホを止め、リラックス状態を作る
  • 寝る時間・起きる時間を毎日同じにする
  • 朝起きてすぐ全身に日の光を浴びる

これらのことをできるだけ習慣化して是非睡眠の質を上げてみてください。

髪だけでなく、仕事もはかどるようになりますよ。

ストレスを見直す

理不尽な上司、モンスターなお客様、癒してくれない家族…

現代の男性は日々ストレスに晒されています。

そんなストレスを上手く発散することはできていますか?

ストレスが溜まってしまうと自律神経が乱れ、睡眠の質が落ちたり、血行が悪くなったりと、抜け毛の原因となる問題がたくさん出てきます。

そこでストレス解消が必要になるわけですが、方法は人によって変わってきます。

例えば人と遊ぶのが好きな人はどんどん人を集めて遊ぶことがストレス解消になりますし、インドアの人は一人でゲームをしたり、アニメを見たりすることがストレス解消になります。

自分の趣味・嗜好に合わないことをしても逆にストレスを溜める結果になるので、仕事や人間関係などストレスの元となることを一時でも忘れられるような没頭する趣味を見つけることがストレス解消の第一歩となります。

頭皮環境を見直す

栄養をしっかり摂り、血行も良く、成長ホルモンもバリバリに出てる。

でも抜け毛が多いという場合には、頭皮環境が悪いのが原因かもしれません。

頭皮は言わば髪を生み育てる土壌です。

土壌が良くなければ植物が育たないように、髪の毛も頭皮の状態が悪いと健康に育ちません。

頭皮環境が悪い状態とは、皮脂まみれで頭がベタベタしたり、乾燥してフケがたくさん出たりする状態を指します。

頭皮環境を整えるために特に重要になるのがシャンプーです。

頭皮環境が悪いと感じる方はもしかして、スーパーなどに売っている安いシャンプー使ってませんか?

安いシャンプーは大抵、石油系の界面活性剤(洗浄成分のこと)を使っています。

パッケージ裏の成分表にラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naなどの記載があればそれが石油系界面活性剤ですね。

石油系界面活性剤は洗浄力が強すぎ、頭皮にある皮脂を根こそぎ奪い、逆に皮脂の過剰分泌を促進してしまうという特徴があるんです。

これではシャンプーで頭皮環境を整えるどころか、余計に悪化させています。

そこで登場するのが、アミノ酸系の界面活性剤を使っているスカルプシャンプーですね。

アミノ酸は肌など人の身体にも使われる成分ですので、頭皮に優しく、皮脂を落としすぎないため、頭皮を整えるのに最適なシャンプーなんです。

もちろん、スカルプシャンプーでは髪が生えたりはしませんが、頭皮環境を整えるためにも、今使っているシャンプーを変えてみるのも一つの手だと思います。

(ただし、スカルプシャンプーを名乗っていても全然優しくないシャンプーもあります。購入前に入っている成分はしっかり確認してください。)

育毛剤を使ってみる

最後のピースは育毛剤です。

ところで最初に言っておきますが、基本的に育毛剤で髪は生えませんよ!

育毛剤の効果は、「今ある髪を健康にして抜けにくくする効果」です。

抜け毛を防ぐことで、元の髪量に戻るってことはあり得ると思いますが、完全にハゲた状態からもとに戻ることはありません。

髪を生やす効果があるリアップなどは「発毛剤」と言われます。

さて、育毛剤は髪を抜けにくくする効果ですから、抜け毛が気になる人は早く使うに越したことはありません。

育毛剤でなぜ髪を抜けにくくすることができるかというと…

  • 頭皮に直接栄養補給し髪を強くする
  • 血行を促進して髪に栄養を届けやすくする
  • 頭皮を清潔にして頭皮環境を整える
  • AGAの原因となる男性ホルモンを抑える

このような効果が期待できるからなんです。

これは上でも書いてきたように、食事・睡眠・ストレス解消・シャンプーなどによってもできることがほとんどですが、育毛剤と併用することによってより効果が現れやすくなり、抜け毛を無くすまでの時間を短縮することができます。

抜け毛は長くなればそれだけハゲへのリスクが高まるので、抜け毛が減るまでの時間短縮は大きいですよね。

「最初から髪が生える発毛剤使った方が良いんじゃ?」という方もいるかもしれませんが、個人的にはおすすめしません。

なぜなら、発毛剤には副作用リスクがあるからです。

例えば、頭皮のかぶれ、かゆみ、頭痛、めまい、性欲減退、勃起不全など。

頭皮の副作用に関しては、掻くことによって薄毛を悪化させることも考えられますし、性欲減退・勃起不全なんかは別の重いコンプレックスを抱えることに繋がります。

抜け毛の段階でこんな重いリスクを背負うよりも、まずは育毛剤で抜け毛を抑える方が良いと思うんです。

育毛剤ならほとんど副作用の心配はありません。

「育毛剤は何がいいの?」って人はまず、2016年からずっと1位を獲得し続けている「チャップアップ」という育毛剤がおすすめです。

売り上げだけでなく、髪の専門医も太鼓判を押しているかなり信頼性の高い育毛剤ですよ。

スカルプシャンプーとのセット販売もしており、個別に買うよりも安上がりです。



抜け毛の多さに困っている人の処方箋

1.抜け毛が本当に多いのかをまずはチェック!
2.栄養のある食事・質の良い睡眠・ストレス解消を心がける
3.スカルプシャンプーで頭皮を整える
4.育毛剤「チャップアップ」を使ってみる
…ハゲたらいっそ、ツルツルにしてしまい、男のエロさをアピールする

チャップアップの公式サイトはこちら